お知らせ

 




金曜定例坐禅会 休講のお知らせ 

  新型コロナウイルス感染予防および諸事情により、9月・10月の金曜定例坐禅会は全日程休講とします。
  (11月からの行程は随時ホームページでお知らせいたします)


秋彼岸会のお知らせ 

    令和3年9月23日(木)秋分の日
    朝11時  受付始まり
     13時  秋彼岸法要
         「修証義」を奉読いたします。ご参列の皆様は黙読にてご参加いただきます。

    ご来山の際は体調を考慮の上、マスク着用、手洗い、咳エチケットなどにご協力いただき、
     感染症対策にお努めくださいますようお願い申し上げます。
    ご案内の行事は状況によっては変更または中止になる場合がございます。当ホームページ
     にてご確認いただくか、寺務所までお問い合わせください。



防空壕見学には予約が必要です 

  ・防空壕の見学は電話予約制となっていますので、お名前をお知らせください。TEL:03-3372-2711
  ・感染症対策のため、一度に見学できるのは一家族または3〜4人とします。
  ・見学の所要時間は20分ほどです。
  ・見学は無料ですが、連絡先などの申請をお願いします。※
  (当日に住所・氏名・電話番号を記載したメモ等をご持参ください)

   ◎見学可能な日時:月・金・土・日曜日の
            午前9時〜11時30分および午後1時〜4時まで
           (当山諸行事等により見学をお断りする場合があります)

  ※ご提供いただいた情報については、安全管理と諸般事情のためであり、保存期間を3ヶ月と設定し、
   保存期間終了後は廃棄します。個人情報を、第三者に提供することはありません。


井上貫道坐禅会の日程

新型ウイルス感染予防のため、9月の昼夜全日程の坐禅講義をお休みといたします。
今後の開講日(夜の部など)の詳細につきましては豊島幹事までお問合せください。



井上貫道坐禅会は20名限定の予約制です。
●坐禅会の詳細・参加予約・日時変更の際のお問い合わせは、下記の世話役まで御連絡ください。
  井上東京禅会世話役 豊島(とよしま) 090−7288−4191


東海地方屈指の禅僧、静岡県掛川市少林寺東堂 井上貫道老師 坐禅会を当山南書院で開催しています

提唱・坐禅  井上貫道老師 ─ 『正法眼蔵』 道元禅師 ─
日 程: 令和3年 10月9日  (土曜日/以下未定)
時 間: 坐 禅 午前9時30分 〜 12時・午後1時 〜 1時50分
     提 唱 午後2時 〜 3時
     茶 礼 午後3時 〜
購 本: 『正法眼蔵』三 水野弥穂子 校編(岩波文庫)
会 費: 一千五百円

   *昼食は各自ご用意ください。(購入時外出可)
   *夜の開講もあります(日時等は世話役までお問い合わせください)


 坐禅会の詳細はこちら     



団体研修坐禅会についてのお知らせ 

    令和3年9月現在、新型コロナ禍によりしばらく受け付けておりません。



当山における新型コロナウイルス感染症の対応  

    ・普段通りにご参拝いただけます。門戸を閉じることはありません。(朝6開門〜夕5時閉門)
    ・毎月18日の観音様の縁日祈祷は通常通り修行いたします。
     (秋の観音詣りは未定です)

     来山の際は体調を考慮の上、マスク着用、手洗い、咳エチケットなどにご協力いただき、
      感染防止にお努めくださいますようお願い申し上げます。


墓地の管理について 

     当山墓地に何年もの長い期間お参りがなく、墓地管理に対する付け届けが無い、連絡の付かないお墓があります。
     該当の墓石に立て札を設置しました。心当たりの方はご連絡をお願いします。


「総延長40m 中野区に『巨大な防空壕』が眠る禅寺」として紹介されました。 

    Urban Life Metroの「知る!Tokyo」で、成願寺の防空壕が紹介されました。
    ご覧ください。
    ※見学の際は、必ず、予約をお願いいたします(電話予約も可)。     詳しい記事は、こちらから


寄宿生募集

 当寺近辺に寄宿し、学校等に通う勤勉な者を受け付けます。
 ・朝の行事(作務・朝飯)に参加  7時以後自由
 ・僧俗・性別・国籍不問 22歳未満
 ・作務は有給

   寺務所にお問い合わせ下さい。


NPO法人「安達原玄 祈り写仏の会」成願寺教室 ご案内

 仏画や描かれた仏様のお姿を、下図を基にして、筆と絵の具で写し描きます。
 初心の方も個別に指導いたします。 入門随時受付。

 日 時: 毎月第三土曜日 12時30分 〜 17時
 講 師: 安達原千雪(安達原玄先生直門)
 会 費: 一回 三千五百円(別途教材費が必要となります。詳細は寺務所までお尋ねください)


学術研究振興基金「小笹会」へのお問い合わせ

 小笹会趣旨・・・小笹会は佛教ならびにアジア、アフリカ地誌を中心とする学術研究振興助成と、
         勉学の志に燃える学徒の生活相談という二大目的を持つ。
         その対象も佛教徒を中心に、広く内外に門戸を開放する。

 ※応募要綱、願書をご希望の方は寺務所まで
  右記FAXへお問い合わせください。   FAX : 03(3372)2774 
 ※申込受付は随時
 ※審査発表は約50日後


遠距離在住の檀信徒・幼稚園卒園生の御家族へ

 ご家族に病人が出、東京近辺の病院で施療を要する時、介護者の在京宿泊に苦心されることが多いと存じます。
 そこで空き室2ヶ所用意し、出来る限り手助け致します。
 寺務所にお問い合わせ下さい。

    【対 象】檀信徒親族、たから幼稚園卒園者家族
    【部屋代】無料(光熱費など実費はご負担下さい)
    【期 間】最長2ヶ月 (相談による)



個人情報に関する基本方針 ご意見・お問い合わせ
Copyright all right reserved 2001・2010 Jyouganji